2018年7月20日金曜日

阿武隈急行 発見旅

2018年6月18日(月) 夜7時00分~夜8時55分
地元の生活圏がTV番組で取り上げられているので、見てみました。
出発!ローカル線 聞きこみ発見旅【阿武隈急行で有村昆と吉木りさが聞きこみ旅!】
福島県~宮城県・阿武隈急行今回は福島から宮城を結ぶローカル線、阿武隈急行で有村昆と吉木りさが聞きこみ発見旅。ドイツ製法による地ビールを味わい、地元で愛されるお肉屋さんの絶品惣菜を堪能。樹齢700年の国指定天然記念物、雨乞の大イチョウに長寿を祈り、サイクリングで阿武隈川の絶景ポイントへ。地元の人たちとの触れ合いとハプニングありの一泊二日旅。10か所の名所登録達成なるか!
との惹句ですが、閑散とした車内、無人駅で降り立っても周囲には畑ばかりで、まさに無人。飲食店でアポなし取材を交渉しても却下の連続。と散々な旅でした。番組を見て、行ってみたいと思う人はいないのではないかと思います。 丸森の斎理屋敷など、いろいろ隠れ家的な名所があると思うのですが、「おもてなし意識のない過疎地」というイメージが残ってしまった番組ではないかと思います。

2018年7月18日水曜日

第19回 画像診断セミナー

6月14日 福島テルサで開催しました。
内容は現在の先端的なCT装置の2機種についてのお話でした。

2018年7月15日日曜日

茂庭ダム湖

福島市の近隣でアウトドア気分を満喫できるスポットです。猿の親子連れやタヌキが道路を闊歩していました。

2018年7月11日水曜日

AquilionONE 10周年記念講演会


2017/08/22 キヤノンメディカルシステムズ(東芝メディカルシステムズ),発売10周年を迎えたADCTの成果と最新動向を発信する「Global Standard CT Symposium 2017」が開催されました。
320列ADCTも登場してから10年過ぎたのですね。まだまだ、先端的装置だと思います。すでに一般臨床に広く普及していますので、各臨床場面での使用方法も洗練されています。

2018年7月10日火曜日

第10回 福島県肺癌研究会


2018年7月7日 郡山ビューホテル

超高精細CTによる末梢肺結節の到達気管支の検討
大原綜合病院 画像診断センター 森谷浩史 村松 駿 鈴木雅裕
【背景】超高精細CTUHRCT)は検出器サイズを従来の1/4にすることで高空間分解能を実現したCTである。先行検討では従来と比較して3-4分岐末梢まで気管支を描出できたと報告されている。
【目的】末梢肺結節の到達気管支描出について検討を行う。
【使用装置】超高精細CTAquilion Precision。従来型HRCTAquilion ONEAquilion PRIME
【撮影方法】超高精細モード:SHRslice厚:0.25mmscan方法:helical、焦点サイズ:S2matrix: 1024
【検討方法】経過観察中に従来型HRCTUHRCT とで撮影を行った末梢肺結節の到達気管支描出を比較。
【結果】UHRCTでは小葉細気管支および終末細気管支(細葉細気管支)が明瞭に描出された。従来型HRCTと比較して結節まで連続して気管支を描出できる症例が多かった。
【まとめ】UHRCTは中枢気管支から小葉内細気管支まで連続して気道内腔を描画できる分解能を有する。小結節への経気管支的誘導の確実性が高まることが期待される。

2018年7月8日日曜日

呼吸器疾患研究会

2018年5月24日 保健福祉センター。
本年も肺がん検診のスタートに際して研修会を行いました。
今回からコニカミノルタさんのバックアップで行いますので、情報提供も装置や画像のお話であり、たいへん新鮮でした。

宮畑遺跡

じよーもぴあ宮畑。1万年の美の鼓動・縄文展開催で最近話題の縄文ですが、福島市のこんな近くにも立派な施設があります。たくさんのボランティアの方々が説明・案内していました。
このほかにも、月崎遺跡・茂庭地区・宇輪台遺跡・  南諏訪原遺跡など、縄文むらがいくつもあるとのことです。