2019年3月21日木曜日

奇想の系譜

東京都美術館で見てきました。朝日新聞の書評欄に井浦新氏が展覧会のもとになった書籍について記していた内容を読んで、とても納得できました。
自分たちが高校生ぐらいまでに美術で学んだ日本美術はとても退屈でした。西洋絵画のような様々な驚きが感じられませんでした。そもそも、美術というものを歴史としてつなげる意味があるのかと思います。artは、継代して同じものを作り続ける社会から望まれている工芸的なものはごく一部であって、通常は自分の中の感情をぶつけるもの・記録するもの・世に問うものであったはずです。わが国の美術史は非常におとなしい優等生的な流れを教えていますが、かつての美術史家が知りえていないとてつもない量の異端が存在していると思います。
奇をてらったものを作りたい気持ち、地域で行われている独自の手法、一瞬芸のような短期間でのイベント的な作品など、千差万別のはずです。それらから美術史家がわが国の美術史を編纂したと思いますが、拾い上げた偏りがあまり面白くありません。ちょっと考えただけでも、アイヌや琉球など美しい工芸品が脈々とあります。
奇想の系譜は江戸期の絵師を主に紹介していますが、自由で斬新な発想をぶつけた者は、地域を超え、時代を超え、ジャンルを超え、存在しているように思います。
流れから外れているので何でもできる。自分たちもまた、そのような思いのカケラを持っているように思います。忙しいほど、何か視点を変えた気づきがほしくなるという思いも合点しました。
奇想天外っていい言葉ではありませんか?

2019年3月20日水曜日

フィリップスセミナー

1月24日 夜7時からMRIに関するウェブセミナーを開催。GyroCupの上位入賞者から、全国の様々な工夫が報告されました。

2019年3月19日火曜日

2019年TQM発表会

2019年3月16日14時30分より。
今年度のTQM発表会が行われました。

新年会@玉海力

2019.2.9 銀座・歌舞伎座向かい側。
新年会@玉海力
ちゃんこ鍋と日本酒玉海力をいただきました。

2019年3月17日日曜日

第21回 画像診断セミナーのご案内

第21回 画像診断セミナーのご案内
謹啓 時下 ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、この度、「第21回 画像診断セミナー」を開催する運びとなりました。
ご多忙の中とは存じますが、当会の趣旨にご賛同いただき、ご参加いただければ幸いでございます。
謹白
日時:平成31年3月28日(木)18:30~19:30
場所:大原綜合病院 5階 レストラン 
福島市上町6-1 TEL:024-526-0300
   
≪プログラム≫ 18:30~19:30(60分)
~研修で育ってきました! 2018~
座長 大原綜合病院 画像診断センター長 森谷 浩史 先生
『骨粗鬆症に関する認定講習会』     安藤智則 放射線技師
『死亡時画像診断に関する認定講習会』  村松 駿 放射線技師
『3次元画像作成に関する講習会』    千葉洋史 放射線技師
『放射線被ばくに関する講習会』     佐藤真由美 看護師




なお、当日、18時から18時30分までNEXTシンポジウム「膵充実性腫瘍の画像診断」を行いますので、併せてご参加ください。



福島県労働保健センター研究助成いただきました

2019年3月12日 15時。 
公益財団法人福島県労働保健センター 研修ホール、
2018年度 公益財団法人福島県労働保健センター「産業医学・産業保健調査研究助成制度」研究助成金交付式に出席しました。
選定研究 課題名:胸部単純写真を用いた肺がん検診における骨影除去技術と経時的差分技術の評価。

2019年3月14日木曜日

ふくしまRTカンファレンス

20190216 大原記念ホール。
第2回目です。
終了後に創助にて懇親会を行いました。
この会は、全国のトップランナーの先生方と直接接することのできる、たいへん面白い会になったと思います。
今回は講師の先生方のお人柄の影響か、気さくにみんなと交流いただき、参加者それぞれに得るものがたくさんあったと思います。
企画・運営にあたった事務局の皆さん、ご苦労様でした。