2019年7月17日水曜日

体操しようよ

定年退職した主人公が、シングルファーザーとしての主夫業と、地域のラジオ体操を通した様々な住民との交流に奮闘する。仕事しか取り柄の無かった主人公がいろいろな出来事に出くわしながらも地域デビューしていくハートフルコメディ。

呼吸器内視鏡学会P28-2 超高精細CTによる末梢肺結節の到達気管支の描出能

第42回 日本呼吸器内視鏡学会学術集会
会期:2019年7月4日~5日
会場:東京ドームホテル
超高精細CTによる 末梢肺結節の到達気管支の検討

平均径13mmの末梢肺野結節に対する CT bronchus sign 陽性は、従来型CT 25%から超高精細CT 83%に増加した。
描出された到達気管支次数は超高精細CT:6.7次、従来型CT:5.4次であった。
すなわち、従来型CTの気管支描出限界の1次~2次末梢まで描出されれば、CT bronchus sign 陰性例の3/4がCT bronchus sign 陽性となる。
超高精細CT (0.25mm厚 1024x1024)は中枢気管支から小葉内細気管支まで連続して気道内腔を描画できる分解能を有する。死亡時画像診断の検討では、平均11次・0.4mm径の気管支を描出できた。
超高精細CTは末梢肺野結節の関与気管支描出のための分解能をはるかに超えた空間分解能を有しており、末梢肺野結節に対する経気管支的誘導の確実性向上に寄与できると思われる。

2019年7月15日月曜日

第25回 呼吸器内視鏡推進連絡会

第25回 呼吸器内視鏡推進連絡会
日    時:2019年7月5日(金)16:40~18:25
場    所:東京ドームホテル    B1階    天空ノース
会    費:1,000円
1.開会挨拶    16:40-16:42 島根大学    栗本 典昭先生
2.シンポジウム1    16:42-17:10 末梢へのアプローチ
司会 旭川医科大学 大崎 能伸先生
北海道大学 品川 尚文先生
島根大学 栗本 典昭先生
3.特別講演    17:10-17:40
司会   島根大学    栗本 典昭先生
「胆膵内視鏡治療の最前線」東京医科大学    糸井 隆夫先生
4.シンポジウム2 17:40-18:07 最適な検体採取・評価方法
司会 名古屋医療センター 沖  昌英先生
千葉大学 中島 崇裕先生
慶應義塾大学 四十物 絵理子先生
5.機器に関する取組報告    18:07-18:22 -技術報告- 
司会 日本赤十字社医療センター    出雲 雄大先生
次世代画像強調技術
リプロセスの取り組み
6.閉会挨拶    18:22-18:25 日本医科大学    臼田 実男先生

2019年7月13日土曜日

人を食った話

文字通り、人肉食いの話がトマスハリスのベストセラー「ハンニバル・レクタ―」シリーズです。最近、人物設定を借りたスピンオフのTVシリーズを見ました。スタイリッシュで気取った映像ですが、内容はどぎつく、生生しい犯罪描写とグラハム目線の幻覚が入り乱れて困惑させられます。でも、おそらくストーリーの辻褄は合っているのだと思います。シリーズ1が「レッドドラゴン」の前日談に当たると思って見てしまいますが、実際にはプロットのところどころが関連している程度であり、オリジナルストーリーです。
昔、「羊たちの沈黙」が封切られた時に、「凶悪犯罪者であっても職業倫理感が勝る」 旨の映画エッセイを書きましたが、今回のハンニバルレクタ―は「職業においても、犯罪においても、卓越した知識と技術をしまいこんでおけない」タイプです。このシリーズではどうも職業倫理感はかけらもなさそうです。ですが、知識と技術をさらに研ぎ澄ませたいという思いを非常に強く描いています。マッツ・ミケルセンのストイックで感情を押し殺した演技は強烈です。「羊たちの沈黙」のレクタ―もオリジナルははそういう描き方だったのかもしれませんが、ジョディフォスターとの関係から欲目で見てしまうのかもしれません。
ともあれ、一般の方が、このTVシリーズにのめりこむと、医者不信になるのではないかとちょっと心配です。

2019年7月11日木曜日

新聞記者

前半の内閣調査室の雰囲気は不気味です。都合の悪いものを情報操作で潰してゆく作業は、関わっている人間も決して楽しい仕事ではなさそうです。たとえば欧米映画で描かれる情報操作などと比べると、四畳半的で陰湿かつ内向性であるがゆえに、逆にリアルっぽいです。「これでいいんですか」という記者の叫びは観客へむけられているのでしょう。物言う者たちが、こんな「四畳半」で握りつぶされていく無力感を訴えています。

2019年7月10日水曜日

放射線被ばく管理に関する勉強会

2019年6月20日17時から
画像診断センター読影室において放射線被ばく管理に関する勉強会を開催いたしました。

2019年7月8日月曜日

第42回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2019年7月4日から5日 東京ドームホテル

VR仮想現実/AR拡張現実/MR複合現実/3D printingによる呼吸器内視鏡支援
杉本真樹(帝京大学冲永総合研究所)
3Dないし4D画像の中に自己も入り込む表示法

肺癌の病理―新たな疾患概念
谷田部 恭     (国立がん研究センター中央病院病理科)
細気管支腺腫 bronchiolar adenoma 末梢 2相性 腫瘍周囲は粘液
SMARCA4胸壁腫瘍 sarcomaか、carcinomaか? cytokeratin SMARCA4
Hepatoid adenocarcinoma 腸型腺癌と同様の注意を要す
Atypical typeA thymoma type B:B1・B2・B3
type Aでも死亡例が発生している 層別化へ
WHO分類 2015年版 2020年版

中皮腫の病理診断
廣島 健三     (東京女子医科大学八千代医療センター病理診断科)
気管支循環系,奇静脈系,肺循環系に関しての考察―肺病変の理解のために―
小林 紘一     (慶應義塾大学名誉教授)

P5-1 肺末梢悪性病変に対する経気管支的凍結療法の基礎実験
○河野光智・橋本諒・大岩加奈・増田良太・岩﨑正之 東海大学医学部外科学系呼吸器外科学
P5-2 当院における動体追尾定位放射線照射施行目的の経気管支的金マーカー留置の検討
○池上直弥1・佐藤晋1・半田知宏2・松尾幸憲3・佐藤篤靖1・渡邉創1・島寛1・庭本崇史1・伊藤功朗1・松本久子1・平井豊博1 1 京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学講座;2 京都大学大学院医学研究科呼吸不全先進医療講座;3 京都大学大学院医学研究科放射線腫瘍学・画像応用治療学
P5-3 気管支鏡検査用局所麻酔薬噴霧カテーテルスプレーの有用性―第2 報―
○鳥羽博明1・六田暉朗2・高嶋美佳1・松本大資1・澤田徹1・河北直也1・坪井光弘1・川上行奎1・吉田光輝1・滝沢宏光1・近藤和也1・丹黒章11 徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科;2 馬原医院
P5-4 小児自然気胸に対する新規治療法
○山中澄隆1・栗原正利2・渡邊健一2・溝渕輝明31 東京品川病院呼吸器外科;2 日産厚生会玉川病院胸部外科;3 済生会習志野病院呼吸器外科
P5-5 超高精細CT の気管支描出能の基礎的検討―死亡時画像診断における気管支描出―
○森谷浩史 大原綜合病院
P28-1 CT 画像から手作業で気管支樹を作成した経験―最大17 次気管支まで認識
○髙田創・三宅浩太郎・白井雄也・光井雄一・益弘健太朗・矢賀元・白山敬之・小山正平・岩堀幸太・平田陽彦・長友泉・武田吉人・木田博 大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫内科学
P28-2 超高精細CT による末梢肺結節の到達気管支の描出能
○森谷浩史 大原綜合病院画像診断センター
P28-3 当院における3D 画像作成ワークステーションで作成した仮想気管支像の有用性の検討
○山本学1・倉石博1・小澤亮太1・増渕雄1・小山茂1・室賀浩二2 1 長野赤十字病院呼吸器内科;2 長野赤十字病院臨床放射線技師
P28-4 当科におけるCT ガイド下経皮的色素注入による肺切除術前マーキングの検討
○北村将司・赤澤彰・鈴村雄治 医仁会武田総合病院呼吸器外科
P28-5 同時2 か所のCT ガイド下経皮的色素注入マーキング法の工夫
○北村将司・赤澤彰・鈴村雄治 医仁会武田総合病院呼吸器外科
P28-6 肺末梢小型病変に対するコンビームCT 併用経気管支生検―初期経験例の検討―
○葛西佑太郞・田口真由香・武藤優耶・馬場康友・土田晃将・加藤智也・村上杏理・増田篤紀・都竹晃文・浅野文祐 岐阜県総合医療センター呼吸器内科
P28-7 極細径気管支鏡下肺生検における到達困難な末梢病変の検討
○坪井光弘1・河北直也1・滝沢宏光1・鈴木恵美1・山田亮1・高嶋美佳1・松本大資1・澤田徹1・鳥羽博明1・川上行奎1・吉田光輝1・近藤和也2・丹黒章11 徳島大学大学院胸部・内分泌・腫瘍外科;2 徳島大学大学院臨床腫瘍医療学