2018年7月20日金曜日

阿武隈急行 発見旅

2018年6月18日(月) 夜7時00分~夜8時55分
地元の生活圏がTV番組で取り上げられているので、見てみました。
出発!ローカル線 聞きこみ発見旅【阿武隈急行で有村昆と吉木りさが聞きこみ旅!】
福島県~宮城県・阿武隈急行今回は福島から宮城を結ぶローカル線、阿武隈急行で有村昆と吉木りさが聞きこみ発見旅。ドイツ製法による地ビールを味わい、地元で愛されるお肉屋さんの絶品惣菜を堪能。樹齢700年の国指定天然記念物、雨乞の大イチョウに長寿を祈り、サイクリングで阿武隈川の絶景ポイントへ。地元の人たちとの触れ合いとハプニングありの一泊二日旅。10か所の名所登録達成なるか!
との惹句ですが、閑散とした車内、無人駅で降り立っても周囲には畑ばかりで、まさに無人。飲食店でアポなし取材を交渉しても却下の連続。と散々な旅でした。番組を見て、行ってみたいと思う人はいないのではないかと思います。 丸森の斎理屋敷など、いろいろ隠れ家的な名所があると思うのですが、「おもてなし意識のない過疎地」というイメージが残ってしまった番組ではないかと思います。

2018年7月18日水曜日

第19回 画像診断セミナー

6月14日 福島テルサで開催しました。
内容は現在の先端的なCT装置の2機種についてのお話でした。

2018年7月15日日曜日

茂庭ダム湖

福島市の近隣でアウトドア気分を満喫できるスポットです。猿の親子連れやタヌキが道路を闊歩していました。

2018年7月11日水曜日

AquilionONE 10周年記念講演会


2017/08/22 キヤノンメディカルシステムズ(東芝メディカルシステムズ),発売10周年を迎えたADCTの成果と最新動向を発信する「Global Standard CT Symposium 2017」が開催されました。
320列ADCTも登場してから10年過ぎたのですね。まだまだ、先端的装置だと思います。すでに一般臨床に広く普及していますので、各臨床場面での使用方法も洗練されています。

2018年7月10日火曜日

第10回 福島県肺癌研究会


2018年7月7日 郡山ビューホテル

超高精細CTによる末梢肺結節の到達気管支の検討
大原綜合病院 画像診断センター 森谷浩史 村松 駿 鈴木雅裕
【背景】超高精細CTUHRCT)は検出器サイズを従来の1/4にすることで高空間分解能を実現したCTである。先行検討では従来と比較して3-4分岐末梢まで気管支を描出できたと報告されている。
【目的】末梢肺結節の到達気管支描出について検討を行う。
【使用装置】超高精細CTAquilion Precision。従来型HRCTAquilion ONEAquilion PRIME
【撮影方法】超高精細モード:SHRslice厚:0.25mmscan方法:helical、焦点サイズ:S2matrix: 1024
【検討方法】経過観察中に従来型HRCTUHRCT とで撮影を行った末梢肺結節の到達気管支描出を比較。
【結果】UHRCTでは小葉細気管支および終末細気管支(細葉細気管支)が明瞭に描出された。従来型HRCTと比較して結節まで連続して気管支を描出できる症例が多かった。
【まとめ】UHRCTは中枢気管支から小葉内細気管支まで連続して気道内腔を描画できる分解能を有する。小結節への経気管支的誘導の確実性が高まることが期待される。

2018年7月8日日曜日

呼吸器疾患研究会

2018年5月24日 保健福祉センター。
本年も肺がん検診のスタートに際して研修会を行いました。
今回からコニカミノルタさんのバックアップで行いますので、情報提供も装置や画像のお話であり、たいへん新鮮でした。

宮畑遺跡

じよーもぴあ宮畑。1万年の美の鼓動・縄文展開催で最近話題の縄文ですが、福島市のこんな近くにも立派な施設があります。たくさんのボランティアの方々が説明・案内していました。
このほかにも、月崎遺跡・茂庭地区・宇輪台遺跡・  南諏訪原遺跡など、縄文むらがいくつもあるとのことです。

2018年7月7日土曜日

第10回福島県肺癌研究会 平成30年7月7日 郡山市 発表抄録

超高精細CTによる末梢肺結節の到達気管支の検討
大原綜合病院 画像診断センター 森谷浩史 村松 駿 鈴木雅裕
【背景】人体型ファントム内におけるブタ伸展固定肺の気管支描出
•超高精細CT(UHRCT):Aquilion Precision helical scan S2またはS1 SHR 1024matrix
•従来型HRCT:Aquilion ONE 512matrix
•自作ブタ伸展固定肺
•人体型ファントム:Lungman+外装plate
評価気管支 1mm径気管支と0.5mm径気管支
気管支描出能 標準体型内の気管支描出能
【目的】末梢肺結節の到達気管支描出について超高精細CT(UHRCT)の能力を臨床評価する。
【使用装置】超高精細CT:Aquilion Precision。従来型HRCT:Aquilion ONE または Aquilion PRIME。
【撮影方法】
超高精細モード:SHR、slice厚:0.25mm、scan方法:helical、焦点サイズ:S2、matrix: 1024。
従来型HRCT:slice厚:0.25mm、scan方法:helical、焦点サイズ:S、matrix: 512。
【対象】平成30年1月~6月 原発性肺癌を疑う末梢肺野結節。
経過比較などで、超高精細CT(UHRCT)と従来型HRCT(CHRCT)とで撮影したもの。
16例/24結節 GGO 7 / Mixed 15 / Solid 2
平均径 13.1mm±6.1mm (6mm~30.5mm:中央値11mm)
【検討方法】
軸位断画像上で末梢肺結節への到達気管支を同定
視認可能な気管支次数を各画像で比較
CT bronchus sign
経気管支的誘導の一例 (70Y M) 到達気管支の存在を確認 気管支径・壁厚の精度向上
切除予定肺区域の表示と体積計測
【結果】超高分解能CTでは摘出肺で小葉細気管支(1mm径)および終末細気管支(細葉細気管支:0.5mm径)が明瞭に描出された。臨床例では従来型CTと比較して平均1.3次末梢まで描出された。結節まで連続して気管支を描出できる症例が25%から83%に増加した。
【まとめ】超高分解能CTは中枢気管支から小葉内細気管支まで連続して気道内腔を描画できる分解能を有する。小結節への関与気管支の有無の確認、および経気管支的誘導の確実性の向上に利用できる。
ご紹介・共同利用をお待ちしております。
Kirsten Boedeker, PhD, DABR Senior Manager, Quantitative Image Quality Toshiba Medical Systems Corporation
Aquilion Precision Ultra-High Resolution CT :Quantifying Diagnostic Image Quality
Toshiba Medical Systems Corporation 2017.

福島医大アドバンスドコース & 大原看護学校放射線講義

2018年5月  6月。本年も開始しました。

2018年7月3日火曜日

呼吸器内視鏡学会 2018

新宿 京王プラザホテル 2018年5月24日。
第41回 日本呼吸器内視鏡学会学術集会
会期:2018年5月24日(木曜日)~25日(金曜日)
会場:京王プラザホテル
日本医大  弦間学長が会長を務めて開催されました。会長講演では「坪井病院の思い出」が相当含まれていました。たいへん懐かしく拝聴しました。特別講演のポナンザ開発の山本氏のAIのお話は衝撃でした。
超高精細CTの気管支診断への有効性について発表してきました。抄録は以下の通り、

超高精細CTの気管支描出能の 基礎的検討
【背景】超高精細CTは検出器サイズを従来の1/4にすることで高空間分解能を実現したCTである。先行検討では従来と比較して3-4分岐末梢まで気管支を描出できたと報告されている。
【目的】撮影条件と気管支描出についての基礎的検討を行う。
【使用装置】超高精細CT:Aquilion Precision。従来型HRCT:Aquilion ONE、Aquilion PRIME。【撮影ファントム】人体型ファントム Lung man+自作ブタ伸展固定肺。【撮影方法】超高精細モード:SHR、scan方法:volume/helical/conventional、管電圧:140kV/120kV、FOV:160mm、撮影範囲:1mm/40mm、焦点サイズ:S2、matrix:2048/1024/512。
【検討方法】1)ブタ伸展固定肺による気管支描出能の確認と臨床撮影条件の決定。2)人体型ファントム内での気管支描出能の劣化の確認。3)臨床例の呈示。
【結果】小葉細気管支および終末細気管支(細葉細気管支)が明瞭に描出され、さらに末梢の気管支分岐も確認できた。これらの描出はconventional scan、0.25mm、2048matrixにおいて最も明瞭であった。臨床撮影においてはhelical scan、0.25mm、1024matrixが効率的である。
【まとめ】超高精細CTは臨床画像においても中枢気管支から小葉細気管支まで連続して気道内腔を描画できる分解能を有する。小結節への経気管支的誘導の確実性が高まることが期待される。

発表内容は圧倒的優位性が明らかであり、従来CTと比較して竜王のような存在です。
終了後、同ホテルで行われた呼吸器内視鏡推進連絡会議に出席しました。

2018年7月2日月曜日

第10回 緩和医療連携カンファレンス

第10回 福島緩和医療連携カンファレンス。
6月14日(木)18時45分から 福島テルサにて開催されました。

2018年7月1日日曜日

肺がん検診放射線技術向け説明会

2018年5月28日。本年度の肺癌検診読影会の技術的な補助をお願いしている放射線技師のための説明会を開催しました。今年はいくつかの変更点があり、業務上の注意点・優先課題について説明を行いました。

登録医会世話人会

セレクトンにて開催。2018年5月31日。
本年度の 登録医会世話人会について話し合われました。

インファナル・アフェア

BSで連続放送をしていたので、3部作の一気見。今回、まとめて見ると、これは最初からラウの話のように感じます。無間道というタイトルは、仏教用語で、完全な悟りを開くに至る四つの道(準備段階に当たる加行けぎよう道、煩悩を断ち切る無間むげん道、真理を悟る解脱げだつ道、悟りを完成させる勝進道)の2番目の道にあたる。無間とは、無間地獄(絶え間のない地獄)。アイデンティティを失った男の行きつく先と、香港のアイデンティティ・仁義を失ったやくざ社会とが重なり合う。
他人のものを羨むラウは欲望・煩悩の権現である。善人になりたいと、裏切りを繰り返す。他人になりかわって這い上がる様は「太陽がいっぱい」のアランドロンを彷彿とさせる。

2018年6月28日木曜日

第47回 画像診断の会

6月4日 画像診断の会を開催いたしました。超高精細CTの臨床応用として、この装置の優位性を紹介させていただきました。

2018年6月25日月曜日

今年もやります 第21回 肺がん画像診断セミナー

第21回 肺がん画像診断セミナー The 21st Seminar on Lung Cancer Diagnosis 2018
会期2018年9⽉16⽇(⽇)〜17⽇(祝)
会場 新横浜プリンスホテル 4F 中宴会場「桜川」他(神奈川県横浜市)
テーマ「肺がんの画像診断を極める︕」① ⾮がん病変佐藤 功(宇多津病院)
② 肺野病変と気管⽀森⾕ 浩史(⼤原綜合病院)
③ 肺がんのCT診断本⽥ 健(帝京⼤学)
④ すりガラス(GGN) 齋藤 春洋(神奈川県⽴がんセンター)
⑤ 肺野充実型病変村上 修司(国⽴がん研究センター中央病院)
⑥ 肺の質的診断近藤 哲郎(神奈川県⽴がんセンター)
⑦ 画像と病理の相関横瀬 智之(神奈川県⽴がんセンター)

2018年6月22日金曜日

絵本のひきだし 林明子原画展

宮城県美術館
懐かしい・・・。これ、何度も読んだね・・・。などと話ながら見ている子供連れの家族がたくさん来ていました。
林さんの絵本原画のほとんどは、宮城県美術館のコレクションだそうです。林さんの代表作『はじめてのおつかい』や『こんとあき』、初期のイラストレーター時代の作品から最新作『ひよこさん』まで、約200点の原画や資料が展示されています。

桜桃忌

桜桃のシーズン。BSプレミアムカフェで過去の太宰番組のアーカイブを連続放送していました。

2018年6月21日木曜日

宮城県キャノンCTユーザー会で講演します

6月23日 宮城県立がんセンターの後藤光範さんのお招きで仙台で講演させていただくことになっています。
内容は超高精細CTの使用経験です。講演時間が40分の予定ですので、小樽講演の内容をコンパクトにしてプレゼンさせていただきます。

2018年6月20日水曜日

東北胸部放射線研究会

7月14日 土曜日 福島テルサで開催いたします。
前半はセミクローズの検討会です。後半の特別講演は会員以外も参加できますので、ご希望の方は森谷までお知らせください。

2018年6月19日火曜日

100分で名著 松本清張

実際の本を手に取って読みたくなるような読書へ誘う番組。しかし、松本清張に限ってはネタバレやむなし。

画像診断センター2017年度研究会。講演会などの記録

<著書>
森谷浩史 胸部のCT 第4版 分担執筆 検査方法 医学書院 2018年4月
森谷浩史 分担執筆 JMED mook あなたも名医!肺癌を見逃さない! 画像読影のコツを押さえよう 日本医事新報社 2017年12月
6章 肺病変と気管支の解析─気道の視点から病変を読む
14   気管・気管支の構造と画像への投影
15   気管・気管支に着目した病変の読影
16   気道・肺・縦隔に関連する画像サインと慣用語

<論文>
Yamashiro T, Moriya H, Matsuoka S, Nagatani Y, Tsubakimoto M, Tsuchiya N, Murayama S. Asynchrony in respiratory movements between the pulmonary lobes in patients with COPD: continuous measurement of lung density by 4-dimensional dynamic-ventilation CT. Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2017:12 2101-2109.
Nagatani Y, Takahashi M, Ikeda M, Yamashiro T, Koyama H, Koyama M, Moriya H, Noma S, Tomiyama N, Ohno Y, Murata K, Murayama S; investigators of ACTIve study group. Sub-solid Nodule Detection Performance on Reduced-dose Computed Tomography with Iterative Reduction: Comparison Between 20mA (7mAs) and 120?mA (42mAs) Regarding Nodular Size and Characteristics and Association with Size-specific Dose Estimate. Acad Radiol. 2017 Aug;24(8):995-1007. doi: 10.1016/j.acra.2017.01.004. Epub 2017 Jun 9.
Xu Y, Yamashiro T, Moriya H, Tsubakimoto M, Tsuchiya N, Nagatani Y, Matsuoka S, Murayama S. Hyperinflated lungs compress the heart during expiration in COPD patients: a new finding on dynamic-ventilation computed tomography. Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2017 Oct 26; 12:3123-3131. doi: 10.2147/COPD.S145599. eCollection 2017.
Muramatsu S, Moriya H, Tsukagoshi S, Yamada N. Development of Audio Indicator System for Respiratory Dynamic CT Imaging. Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai Zasshi. 2018;74(2):154-160. doi: 10.6009/jjrt.2018_JSRT_74.2.154. Japanese.
森谷浩史 診療の特化・個性化をバックアップするCTの選定 特集 病院の成長視座から考えるCT選定術 月刊新医療 2017年10月号
森谷浩史 病院新築移転における高性能モダリティの稼働効果 総特集 病院の個性を創るモダリティ選定術 月刊新医療 2018年4月号
森谷浩史・他 呼吸動態CTに表示される構造物には呼吸位相が反映されている 胸部の最新画像情報2018 臨床放射線 2018年01月号(63巻 01号) 
森谷浩史 粟粒結核か?結核菌の確認を![画像診断道場~実はこうだった(100)]週刊日本医事新報  4905号 2018年04月28日 p1-2.

<国際学会発表>
ATS 2017(5/19~24, Washington DC, USA)
Yamashiro T, Moriya H, et al. Continuous measurement of lung density on dynamic-ventilation CT: disconnection in respiratory movement between the right and left lungs in patients with COPD. WCTI 2017(6/18~21, Boston, USA)
Yamashiro T, Moriya H, et al. Asynchrony of respiratory movement in COPD patients: Continuous measurement of lung density in five lung lobes on four-dimensional dynamic-ventilation CT. 4th Meeting of the World Congress of Thoracic Imaging.
RSNA 2017 (11/26~12/1, Chicago, USA)
Moriya H, Muramatsu S, Yuba K. Is the Effectiveness of the Spairal Flow Realizable Also in a Clinical CT Scanning Scene?
Moriya H, Yamashiro T, Nagatani Y, et al.Muramatsu S, et al. The Quantification of Respiratory Movements using Dynamic Respiratory CT.
Yamashiro T, Moriya H, Nagatani Y, et al. What CT findings besides the TNM classification or staging can radiologists provide to thoracic surgeons for safe lung cancer surgery?
Yamashiro T, Tsubakimoto M, Moriya H, Nagatani Y, et al.
Preoperative assessment of parietal pleural invasion/adhesion of subpleural lung cancer: advantage of software-assisted analysis using 4-dimensional dynamic-ventilation CT.
Nagatani Y, Moriya H, Noma S, Koyama M, Tomiyama N, Ohono Y, Murayama S, Murata K. Computer-Aided Detection (CAD) Of Pulmonary Nodules on Computed Tomography (CT) With AIDR3D in Vivo-Result: Comparison between Ultra-Low-Dose CT (ULDCT) Equivalent Dose to Chest X-Ray and Low-Dose CT (LDCT).

<国内学会発表>
日本医学放射線学会総会2017(4/13~16,横浜)

日本放射線技術学会総会2017(4/13~16,横浜)
Muramatsu S, Ushio N, Mekaru H, Hayashishita Km Tsukagoshi S, Sakuma K, Moriya H. Fundamental study of dynamic respiratory CT techniques : Breathing guidance during CT scanning for stability of respiration
Muramatsu S, Ushio N, Mekaru H, Hayashishita Km Tsukagoshi S, Sakuma K, Moriya H. Basic study of dynamic-ventilation CT : How to detect a respiratory phase from CT imaging
第77回日本医学放射線学会総会 2018年4月12日(木)~15日(日)
Hiroshi Moriya et al Whole-lung dynamic respiratory CT: Novel respiratory function examination by dynamic wide volume scanning using 320-row ADCT. 
第5回 日本CT技術学会(6/24,金沢)
村松 駿,村上 克彦,工藤 綾子,小林 真美子,宮腰 祥平,森谷 浩史 胸部CTにおける方向性電流変調機構の有用性の検討
第20回 肺がん画像診断セミナー(9/17-18,横浜)
森谷 浩史,気道の視点から読むCT画像
第33回 日本放射線技師学術大会(9/22-24,函館)
村松駿,森谷浩史,他,画像頭部CTにおける方向性変調機構の検討
第49回山形肺癌懇話会(6/17,山形)
森谷 浩史,CTの技術的進歩と肺癌診療への応用
第58回 日本肺癌学会学術集会(10/15,横浜)
森谷 浩史,シンポジウム これから求められる肺癌治療のための画像診断 VATSのための術前シミュレーション 関連する画像診断技術の進歩
日本放射線技術学会秋季学術大会2017(10/19~21,広島)
村松 駿,牛尾 哲敏,銘苅 ひより,塚越 伸介,森谷 浩史 呼吸動態CTにおける安静呼吸下の胸郭・肺内構造の移動速度
第7回 東北放射線技術学術大会(10/29,秋田)
村松駿,待井宏文,工藤綾子,小林貴,小林真美子,森谷浩史
320列ADCTを用いた安静時心筋Perfusion CTの有用性 ~Fractional Flow Reserveとの比較~
第13回 三重胸部CT技術研究会(12/02,三重)
森谷 浩史,特別講演 呼吸動態CTの技術的進歩と臨床的有用性
第22回 青森CT・MRI診断・技術研究会 9月30日 青森
森谷浩史 特別講演 CTの技術的進歩に伴う胸部臨床適応の変遷

<福島県内学会発表>
第7回 南東北320列CT研究会(5/26,福島) 2017.5.26
中條柚香「SEMARの処理能力に関する基礎的検討」
村松 駿「方向性電流変調機構の基礎的検討」
大島光輔「頭部ヘリカルスキャンにおける撮影条件の検討」
第45回 画像診断の会(6/05,福島)
森谷 浩史,特別講演 加齢に伴う画像所見
第17回 画像診断セミナー(9/26,福島)
村松 駿,80列/320列/超高精細CTの使い分け
第46回 画像診断の会(12/04,福島 福島テルサ)
村松 駿,Bolus tracking法と生食後押し効果を利用してやってみよう
「新病院での画像診断機器の概要」1.CT 千葉洋史 2.MRI 工藤綾子 3.FPD 清水文彦 
森谷浩史 特別講演「疾患確定症例の胸部単純写真に学ぶ 」
第25回 福島県画像技術研究会(1/13,福島)
村松 駿,Spiral Flow Tubeは造影効果を向上できるのか?
第18回 画像診断セミナー -今、県北地域で利用できる新しい画像診断装置-平成30年3月16日(金) 福島テルサ 4階つきのわ
森谷 浩史 超高精細CTの初期使用経験 ~単純CTと造影CTAにおける診断能の向上~
蛭田まほり『 放射線科研修で経験した症例供覧 』
第1回 ふくしまRTカンファランス 福島テルサ 3月28日 
鈴木雅裕 大腸CT検診のはじめかた 
森谷浩史 肺がんCT検診について 
健康づくり講演会 日時:2017年9月24日 場所:MAXふくしま「アオウゼ」
森谷浩史「タバコについて考えよう  ~延ばそう! あなたと私の健康寿命~」

2018年6月17日日曜日

小樽講演会

6月15日 小樽掖済会病院 平野雄士 経営企画部長・技術管理部長のお招きで、小樽で高精細CTについての講演をさせていただきました。終了後は懐かしい方々と深夜まで歓談でき、たいへん楽しい時をすごしました。

講演の機会をいただくことで、いろいろ整理できます。臨床に忙殺されていると気づかないような、新しい所見やちょっとした工夫、そして改めてこの超高精細CTの特性を理解できます。最適な使い方・最善の使い方がだんだんわかってきた気がします。

高分解能領域には異論がないところですが、腹部臓器や管腔臓器にも大いに活用できますし、また、そのための最善の条件設定もありそうです。

2018年6月14日木曜日

『ドラキュラ』 (Bram Stoker's Dracula)

1992年アメリカ映画。監督フランシス・フォード・コッポラ。原作ブラム・ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』。小説の舞台背景は1885年、物語は3人称で語られ、日記や手紙、電報、新聞記事などの断片的情報から、徐々にドラキュラ伯爵の企みが浮かび上がるように構成されている。
映画はほぼ原作どおり、ドラキュラ伯爵(ゲイリー・オールドマン)とヴァン・ヘルシング(アンソニー・ホプキンス:司祭役との二役)との戦いのストーリーであるが、ミナ(ウィノナ・ライダー:エリザベータ役との二役)とのロマンス色が強い。

2018年6月12日火曜日

第4回地域支援病院運営委員会

平成29年度 第4回地域支援病院運営委員会。平成30年3月22日 大原綜合病院にて開催しました。

2018年6月11日月曜日

肺がん検診読影会始まりました

今年も福島市民検診が始まりました。今日が第一回目の読影会でした。
皆さんどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年6月10日日曜日

万引き家族

カンヌ映画祭でパルムドール賞受賞の現在ブームの映画です。「誰も知らない」に似た雰囲気でした。特に子供のシーンはドキュメンタリー感満載でスリリングでした。

2018年6月5日火曜日

名作の書き出し

名作の書き出し 漱石から春樹まで (光文社新書) 新書 – 2009/9/17 石原千秋 (著)。
早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専攻は日本近代文学。テクスト論で有名な著者が有名小説の書き出しの1ページを用いて、作品の読み方の1例を示す。
テクスト論とは、複数の文の連鎖からなる言語表現としてのテクストの構造と機能を研究する学問。言葉にこだわり、背景や行間を読み解いていく過程は十分に刺激的であるとともに、高校の現代国語の授業のような懐かしさがある。なぜ、この言葉を用いたか? なぜ、この順番に配置したか? そのために、どのような意味が生じているか? 時代を代表する優れた15編の小説の書き出しから、それぞれの作者の卓越したテクニックを読み解く。久しく、こういう読み方をしていなかったなあと思いました。
「誰か慌ただしく門前を馳けて行く足音が...」『それから』
「国境の長いトンネルを抜けると...」『雪国』
「私は、その男の写真を三葉、見たことがある。」(太宰治『人間失格』)
「幼時から父は、私によく、金閣のことを...」『金閣寺』
「空はまだ明けきってはいなかった。」『枯木灘』
「門倉修造は風呂を沸かしていた。」『あ・うん』
「私がこの世でいちばん好きな場所は...」『キッチン』など

2018年5月31日木曜日

秋季臨床大会 興味深い知見

2017年秋の秋季大会は愛媛で行われました。ほとんどとんぼ返りの出席でした。
当日、午前中の講演に間に合わせるための手だてがなく、東京発の寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」を利用し、松山入りしました。東京駅のグランスタで夜食とアルコールを買いこんで、呑み鉄気取りの往路でした。飲み鉄とは鉄道ファンのジャンルの1つです。鉄道マニアの六角精児氏が「六角精児の呑み鉄本線・日本旅」(NHK-BS)で提唱してい鉄道旅行で酒を楽しむことを愛好する者のことだそうです。 
学会ではたくさんの興味深い講演がありました。
松山での宿泊は道後温泉(新道後でしたが)でした。温泉まで乗ったタクシーでは運転手さんが加計学園のうさん臭さを力説していました。もう1年近くになりますが、こんなにいつまでも真相が明らかにならないとは思いませんでした。

2018年5月29日火曜日

グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン(原題: The Greatest Showman)。2017年アメリカ映画。マイケル・グレイシー(英語版)初監督作品。19世紀に活躍した伝説の興行師、P・T・バーナムの伝記・ミュージカル映画。まさに見世物興業の世界。大音響・大画面に酔う映画です。主演はヒュー・ジャックマン、 19世紀版『X-MEN』ですね。

2018年5月27日日曜日

第8回 南東北320列CT研究会 最終プログラム

開催日時 平成30年6月1日(金)18:30~
会場   コラッセふくしま 401会議室
《学術情報》「オプチレイの安全性情報」 富士製薬工業株式会社
一般演題 座長 厚生仙台クリニック 院長 中川 学 先生
「直腸ポリープ計測における超高精細金属アーチファクト低減再構成法の有用性」大原綜合病院 小林真美子
「金属線を用いたスライス厚測定の基礎検討」福島県立医科大学附属病院 齋藤将輝
「スキャン方式を変えた実効スライス厚の測定について」福島県立医科大学附属病院 深谷岳史
「各種ノイズリダクションの比較」大原綜合病院 橋本浩二
「チルト撮影が空間分解能に与える影響についての検討」福島県立医科大学附属病院 佐川友哉
「門脈系の3次元構築におけるCEブーストの有用性」大原綜合病院 千葉洋史
「当院の救急外傷全身CTにおける被ばく線量の現状」福島県立医科大学附属病院 菊田葉生
「喉頭部放射線治療における、エンゲによる線量分布への影響」宮城県立がんセンター 後藤光範  
特別講演 座長 大原綜合病院 副院長 森谷浩史 先生  
「心筋Dynamic Perfusionのすべて」北海道大学 放射線診断科 診療准教授 真鍋徳子 先生              
320列面検出器CTを用いた心臓造影CTの第一人者である真鍋先生に心臓CTの基礎から、最新の話題も含めて、お話しいただきます。
心臓CT診断の知識をリフレッシュするチャンスですのでご期待下さい。
肺癌CT検診認定機構(筆頭演者7単位・出席5単位)・日本救急撮影技師認定機構(発表者2単位・講師5単位・受講者 2単位)の単位認定研究会です

四師会合同新年会

1月24日 福島エルティにて開催。福島市の医師会・歯科医師会・薬剤師会・看護協会の合同新年会です。

2018年5月25日金曜日

映画 サバイバー

冒頭の捕虜の射殺シーンから怖さを感じさせますが、本編のストーリーは間違われた男のパターンです。容疑者となりながら真犯人を追うお決まりの活劇映画です。

2018年5月23日水曜日

第47回 画像診断の会

第47回 画像診断の会         
謹啓 時下、先生におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、この度、第47回画像診断の会を開催致します。
画像診断に関する技術の向上を目的とし、福島県北地区の医療の向上・連携を図り、地域の福祉に貢献したいと考えております。当会の趣旨にご賛同いただき、ご参加いただけれ
平成30年6月4日(月) 19:00~
大原綜合病院 5階 「第一会議室」
福島市上町6番1号  TEL:024-526-0300(代表)
【製品紹介】  非イオン性造影剤 「イオメロン」 エーザイ株式会社
司会 :大原綜合病院 副院長 森谷浩史先生
【症例検討】「単純写真 全般」
*疑問写真があればデータでお持ち下さい
【レクチャー】『 新しい装置による臨床画像供覧 』
  演者 :放射線科技師
【特別講演】『 超高精細CTの臨床応用~紹介症例の単純・造影CT所見~ 』
  大原綜合病院 画像診断センター 森谷浩史 先生
 *当日は軽食をご用意いたしております。
 (なお、国公立等の施設にご所属の先生方におかれましては、事前にご所属施設の規則等をご確認の上、ご対応いただきますよう、お願い申し上げます。)       
ば幸いでございます。                                                         謹白

ACアダプターコードを買いました・・・

夜、ノートPCを立ち上げて仕事していたらバッテリー残わずかのメッセージ。あわててACアダプターを探したが見つからず、職場に忘れてきたか、前日の講演会の際に会場に忘れてきたか、と脳裏に浮かんだ。もし、万が一、明日、アダプターがなければ週末は仕事にならないかもしれない。
即座にamazonで適応する互換ACアダプターを検索、リーズナブルな3000円ほどのものを発注。翌日到着希望とした。
いつか無くすのではないかと不安に思うことが度々あったため、すぐに買えることがわかって一安心であった。

2018年5月21日月曜日

第8回 南東北320列CT研究会

第8回 南東北320列CT研究会   
開催日時 平成30年6月1日(金)18:30~
会場   コラッセふくしま 401会議室   
《学術情報》 富士製薬工業株式会社
一般演題 座長 厚生仙台クリニック 院長 中川 学 先生
募集中です
特別講演 座長 大原綜合病院 副院長 森谷浩史 先生    
「心筋Dynamic Perfusionのすべて」
 北海道大学 放射線診断科 診療准教授 真鍋徳子 先生           
320列面検出器CTを用いた心臓造影CTの第一人者である真鍋先生に心臓CTの基礎から、最新の話題も含めて、お話しいただきます。
心臓CT診断の知識をリフレッシュするチャンスですのでご期待下さい。
一般演題募集中です。今回も終了後の情報交換会で一般演題の優秀賞表彰式を行います。多数、ご応募ください。
肺癌CT検診認定機構(筆頭演者7単位・出席5単位)・日本救急撮影技師認定機構(発表者2単位・講師5単位・受講者 2単位)の単位認定研究会です。日本X線CT専門技師認定機構(講師単位数 1単位・受講者単位数1単位)についても申請を予定しています。

画像診断センター 30年度 新人歓迎会

2018年5月18日 開催いたしました。例年同様、和気あいあいとした会でした。

2018年5月20日日曜日

M☆GIT annex in ふくしま

首都圏消化器画像技術研究会(M☆GIT)annex in ふくしま
2018年5月18日 ラコパふくしま
開会挨拶 立石俊樹 先生(国立病院機構 宮城病院)
講演1「〝当院の〟ではないタギング前処置とは?」東北消化管CT 技術研究会
 司会:秋田裕介 先生(亀田総合病院)
 演者:今野雅彦 先生(山形県立中央病院)
講演2「〝みんなのCTC〟を考える!」M☆GIT
 司会:真船浩一 先生(公立岩瀬病院)
 演者:鈴木雅裕 先生(大原綜合病院/イーメディカル東京遠隔画像診断センター)

2018年5月18日金曜日

NPO福島画像診断支援センター理事会・総会

2018年5月17日 NPO福島画像診断支援センター 理事会・総会開催いたしました。設立6年目になります。ご支援ありがとうございます。

2018年5月17日木曜日

第1回ふくしまRT Conference

第1回ふくしまRT Conference
2018年3月28日 19時より
福島テルサ あづま
特別講演
肺がんCT検診について 受診者の質問に答えるための基礎知識
大原綜合病院・NPO福島画像診断支援センター 森谷浩史
がん検診における肺がんCT検診の立ち位置について、ゆっくりと話をさせていただきました。
終了後は世話人の方々と有志の方々との懇親会に参加しました。

2018年5月15日火曜日

切り絵作家 久保修 切り絵で描くジャポニスム

とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)
切り取った断片と切り残した断片ですべてを表現している。単純化された絵の魅力は浮世絵や版画・点描画に通ずるものがある。
パステルやアクリル絵具、布、砂といった素材を取り入れ、切り絵とは思えない繊細な絵も表現する。「和紙」を用いて、日本を表現する。
日本の古い家・街並み・四季折々の風物詩や旬の食材などを切り取り、美しい作品に仕上げている。海外をテーマにした作品にもどこか日本らしさが漂っている。
福島を題材にした作品も楽しい。

2018年5月13日日曜日

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

主演:フランスの国民的ロックスター、ジョニー・アリディ。もともと、アランドロンがキャスティングされていたとのこと。ジャンピエールメルビルやジョゼジョバンニのフィルムノワールの匂いがぷんぷんする香港製フィルムノワール。

2018年5月11日金曜日

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

ゲイリー・オールドマンがサー・ウィンストン・チャーチルを演じ、第90回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した歴史ドラマ。
第2次世界大戦初期、ナチスドイツによってフランスが陥落寸前にまで追い込まれ、イギリスに侵略の脅威が迫っていた時、英国議会の混乱の中でチャーチルが首相就任した。折しも、ダンケルクで40万の英国軍が窮地に陥っており、猶予のない切迫した状況で、ヒトラーとの和平交渉か徹底抗戦か、選択を迫られる。
先日のペンタゴンペーパーと同様、「決断を迫られるリーダー」というテーマです。

2018年5月10日木曜日

ポーラ美術館のコレクション

福島県立美術館にて開催中。
ポーラ美術館のコレクションの中から、印象派を代表するモネ、ルノワール、ポスト印象派のセザンヌからフォーヴ(野獣派)へ、 そして20世紀を代表するピカソまで、西洋近代美術史を代表する有名な作家たちの作品を紹介している。美術の教科書を捲っていくように、有名作家の作品を年代順に眺めることができる。
ルノワールの部屋は写真撮影OKであり、たくさんの入場者がスマホで撮影していた。豊満な裸婦や陽光の降り注ぐ樹々などルノワールのエッセンスに触れることができる。

2018年5月8日火曜日

くっきりと感知できることは根源的な快感だ!

案外、買い物好き 村上龍 幻冬舎文庫
いわゆる爆買いの記録のようです
長袖のシャツにこだわる
物書きの資料集めにamazonは最適
山ごもりも可能になった
買い物はストレス解消だ
簡素でシンプルな美しさを好む
パルマでパルメジャーノチーズと生ハムを
絵は実物を見ないといけない
マウイ 食べて寝て本を読む ブランドショップはない 無人島でブランドにこだわる人はいないだろう
ブランド商品 組織から個人へと移行する過渡期の社会において、経済力やセンスをアピールするアイテム
ただし、充実した時間があれば、ブランドへのこだわりは面倒くさくなる
「p114 フランクフルトのブランドショップ街
Zeissの双眼鏡を買い求めた話であるが、上の段にLeicaが並んでいて、覗いてみたとたん、その異様な解像度の高さにびっくりして、買ってしまったといった内容である。一人一人の顔が気持ち悪いほどくっきりと見える・・・。老眼になって初めて老眼鏡を作ってはめた時のことを思いだした。くっきりと感知できることには、根源的な快感があるのだ。
という件は、現在のAquilion precisionの解像度に当てはまる表現だ。」

2018年5月5日土曜日

『ミスト』(The Mist)

何とも後味の悪い映画です。
霧の発生とその中に潜む危険。屋内に立て篭もる住民たちとその葛藤が描かれます。外に飛びだすグループ、怪しげな宗教に集まる人々、冷静に対策を考える人たちと、さまざまな対応がなされます。
どうも、この事態は軍隊の研究・開発が原因であるらしいこと、現場の立て篭もり住民以外の周辺地域については国が保護していたこと、などが最後に明らかになります。
天を呪う主人公の悲痛な叫びで映画は終わります。
これって、まるで震災時のFUKUSHIMAがテーマのようですが、スティーヴン・キングの1980年の中編小説『霧』を原作とした、2007年のアメリカ映画です。

福島医大放射線科医局説明会

3月27日 17時より
福島県立医科大学附属病院 放射線科医局会において、NPO福島画像診断支援センターについての説明会を行いました。熱心な若手の先生方に反応に隔世の思いがありました。

2018年5月4日金曜日

『キラー・エリート』(Killer Elite)

2011年公開のアメリカの映画。
サム・ペキンパー監督の1975年の同名映画「キラー・エリート」THE KILLER ELITE のリメイクと思っていたら、実話を基にした全く別の映画でした。
元SAS隊員のラナルフ・ファインズの小説『The Feather Men』を原作としています。

2018年5月3日木曜日

胸部のCT 第4版

2018年4月 本邦における胸部CTの標準的教科書である「胸部のCT」の新版が発行になりました。検査法のパートを書かせていただきました。

北野 武 超思考

北野 武 超思考 幻冬舎文庫 2017年8月発売
オリジナルは 2011年2月刊とのことなので、震災直前のエッセイ集ということになる。

バラ色の夢を語っても意味はない。人の世を生き抜く最低限の力をつけろ。思考停止した全国民に捧ぐ、現代を読み解く新視点。
目次 :
/ 日本総国民思考停止/ 医は仁術か、商売か/ 死刑の是非。生死の価値/ そのハンバーガーは旨いか?/ 暗闇の老後をどう走り抜けるか/ 夢を売るバカ、探すバカ
/ 芸術は麻薬だ:作りたい衝動と売れたい野心
/ 理想の国はあるのか
/ どっちにしろ幸せだ:昔の普通の生活が今は悲惨な生活 こんな時代は普通じゃない
/ 唯一無二の価値はないか:自主規制ばっかりしてどうするのか?
/ 人知の及ぶ範囲:小手先の技術か、人間本来の変わらないものに対するアピールか
/ 飢える贅沢:食えないものがたくさんあったから欲が強かった 飢餓感が失われている プライドや矜持 金で買える範囲の幸せ
/ 本音という作り話:相手のことを考えれば発言はコロコロ変わらざるを得ない
/ 右向け、左:昔の貧乏人は貧乏を恥じなかった 迎合する下品 行列に並ぶ下品 自分で見て考え決断する
/ 師弟関係:地道に仕事することの大切さ 礼儀はこの世界で生きていくための最低限の技術
/ 俺の絵は売らない:やせ我慢をする 負ける喧嘩をしないのが喧嘩に勝つための鉄則
/ 爆発前夜
/ 目に見えないこと:仏壇に手を合わせる 自分の生身の感覚>インターネットの評判
/ くそジジイとくそババア

2018年4月29日日曜日

第1回 福島救急画像診断研究会

2018年4月27日 18時30分から 福島テルサで開催されました。福島医大 放射線科 伊藤教授と救急医療学 伊関教授の発案で新たに組織された研究会です。
第一回の特別講演は聖マリアンナ医大の松本純一先生でした。救急CTの重要ポイントを歯切れの良いトークでプレゼンしていただきました。たいへんリフレッシュできた研究会でした。
会場は超満員で立ち見が出るほどでした。 この研究会を発案された伊関教授と伊藤教授の思惑が見事に当たったと言えるでしょう。おめでとうございました。学生・研修医・メディカルスタッフが誰でも勉強できるとてもよい会でした。松本先生の話はいつもながら、極めて実践的な内容で、現場でCTを見るときの注意すべき疾患と所見を具体的に示していただき、まさに今夜からの臨床で役に立つ内容でした。

2018年4月27日金曜日

日本医事新報 画像診断道場に執筆しました


森谷浩史 (大原綜合病院画像診断センター長)粟粒結核か?結核菌の確認を![画像診断道場~実はこうだった(100)]週刊日本医事新報  4905号 2018年04月28日 p1-2.

うつくしま基金 審査会

2月23日 来年度のうつくしま基金 審査会に出席しました。

2018年4月26日木曜日

RSNAに演題登録しました

今年は村松技師・鈴木技師とたくさんの演題を登録しました。
私は毎年、JRSの前後に、高いハードルに挑戦です。いつも1つぐらい通ればいいかなといった意識です。
年に一回、この時期が短い英文でまとめる勉強のチャンスだと、負け惜しみを言いながら、性懲りもなく寝不足しています。

2018年4月23日月曜日

画像診断センター 新人歓迎会

4月 2名の新人技師さんが入職してくれました。大歓迎会は後日行われますが、勤務開始のとりあえずで小さな歓迎会を行いました。
おえでとうございます。よろしくお願いいたします。

安全管理 事例検討会

3月13日 某大学病院の安全管理部の調査委員会に出席しました。放射線読影レポートに関する検討会であり、たいへん参考になりました。

2018年4月22日日曜日

アイディアのレッスン  外山滋比古  ちくま文庫

アイディアのレッスン 外山滋比古  ちくま文庫
アイデアをものにする頭  受信と発信
アイデアとは浮かぶもの・生まれやすい習慣性がある・ハウツーの技法があるか
論文を書くのは創造的活動である
工夫は良い考え方法などを見つけるための活動である
常に偶然に左右されるのがアイデアの生産である 不可知の偶然
欲求  欠乏  必要:アイデアを大切にする風土が必要
面白くてする工夫・着想・試行:アマチュアのアイデア
馬上 枕上 厠上:うかんだらメモ   いちど逃すと次はない
忘却が必要
偶然の出来事・事故が新しい誕生のきっかけになる
常識を疑え・交流がきっかけ・褒め上手
延長線上のアイデア・模倣・熟成させる・カクテル
新しい言葉で物事の特性を明らかにする
無関係のものを結合する・類推する・言葉の持つ心理的残像作用
換骨奪胎・借景・本歌とり

2018年4月21日土曜日

大河原さくらまつり

ちょっと肌寒かったですが、河川の両側に広がる広大な桜並木が壮観でした。

2018年4月20日金曜日

学会予演会

村松技師を中心に、4月の学会のための予演会を開催しました。3月30日 17時から。
地道な練習の積み重ねが伝わりやすいプレゼンと部内の情報交流につながります。

2018年4月18日水曜日

第77回日本医学放射線学会総会 JRC2018

第77回日本医学放射線学会総会が、2018年4月12日(木)~15日(日)の4日間、パシフィコ横浜にて、第74回日本放射線技術学会総会学術大会、第115回日本医学物理学会学術大会および国際医用画像総合展(ITEM 2018)との合同で、JRC 2018として開催されました。
テーマは、“夢のような創造科学と人にやさしい放射線医学”( Innovative Science and Humanism in Radiology )。第77回日本医学放射線学会総会は、会長 今井 裕 東海大学医学部 専門診療学系画像診断学 教授のもと、盛大に開催されました。 

Whole-lung dynamic respiratory CT: Novel respiratory function examination by dynamic wide volume scanning using 320-row ADCT.  
Hiroshi Moriya1), Shun Muramatsu1), Tsuneo Yamashiro2) , Yukihiro Nagatani3),Naotoshi Ushio3), Hiyori Mekaru2) , Shinsuke Tsukagoshi 4)  1)Diagnostic imaging center, Ohara General Hospital 2) University of the Ryukyus 3)Shiga University of Medical Science Hospital 4)Canon Medical Systems Corporation
というタイトルで発表いたしましたところ、なんと学会賞を受賞いたしました。
JRC2018合同表彰式にて CyPos賞 PLUTINUMメダルを今井会長からいただいてまいりました。大変光栄です。ありがとうございました。
(写真は雑誌インナービジョンのwebページのものです)

2018年4月14日土曜日

映画 スコア

犯罪映画の定番である金庫破りモノ。期待しないで観ていたので引き込まれました。ロバートデニーロとマーロンブランドに対してエドワードノートンが異様な役作りで登場。金庫破りものは、計画・侵入・実行・逃走・仲間割れ とパターンどおりの見せ場あり。

2018年4月13日金曜日

学問は最高の遊びである

「学問は最高の遊びである」
広島大学のweb pageの最上部にこのコピーが掲示されている。遊びとは「楽しさ,面白さ等の快を伴った活動それ自体を目的とする活動であり,自発的で自由な活動」とされる。学問とは、跳び回ったり、夢想したり、没頭したりと、宝島の地図の断片を手にした宝探しに似ている。自発的な挑戦や試行錯誤、そして達成感が待っている。
「朋有り、遠方より来る、亦悦しからずや」
有名な論語の一節。 「朋」は、「同じ先生について学んだ者」という意味であり、同じ研究を行っている者である。身近には専門的な話を理解できる者がいなくても、たまに遠方の同志と会い、話をすることは実に嬉しいことである。

2018年4月11日水曜日

RSNA 登録中です

毎年、この時期に寝不足になります。今年もRSNAに登録中です。ことしは、Precisionネタを出さなくてはいけませんので、村松君たちととりあえず量産しています。

第18回 画像診断セミナー

第18回 画像診断セミナーのご案内-今、県北地域で利用できる新しい画像診断装置-
を開催いたしました。多数のご参加ありがとうございました。
日時:平成30年 3月16日(金)18:15~20:00
場所:福島テルサ 4階つきのわ 福島市上町4-25 TEL:024-521-1500
≪製品紹介≫ 18:15~18:25 オムニパーク 第一三共株式会社
司会 大原綜合病院 画像診断センター長 森谷 浩史 先生
≪一般演題≫ 18:25~18:40

『 放射線科研修で経験した症例供覧 』大原綜合病院 蛭田 まほり 先生
≪特別報告≫ 18:40~19:10
超高精細CTの初期使用経験 ~単純CTと造影CTAにおける診断能の向上~

 大原綜合病院 画像診断センター長 森谷 浩史 先生
≪特別講演≫ 19:10~20:00
PET/MRIによる画像診断と地域における放射線治療

 福島県立医科大学医学部 放射線医学講座 教授  伊藤 浩 先生
*終了後、情報交換会を行いました。

2018年4月9日月曜日

小澤竹俊先生の講演会

2018年3月8日 大原綜合病院にて開催しました。
小澤竹俊先生(おざわ たけとし、1963年1月29日 - )。
めぐみ在宅クリニック(在宅療養支援診療所)院長。
一般社団法人 エンドオブライフ・ケア協会理事。
1987年東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。
1991年山形大学大学院医学専攻博士課程卒。運動負荷心電図にて学位取得。山形県立中央病院救命救急センター、山形県西置賜郡白鷹町立病院勤務。
1994年横浜甦生病院ホスピス勤務。
2006年10月めぐみ在宅クリニック開設。
多死社会に向け人生の最終段階に対応できる人材育成の必要性を訴え、活動中。
講演は、「苦しむ人への援助と5つの課題」と題して、懐かしいJPOPSを取りまぜながら、楽しく構成されていました。 基本的に「患者の訴えを聴く」ことが大切です。

2018年4月7日土曜日

第2回 たばこ対策委員会

3月5日(月)19時より
市民フォーラムの打ち合わせと次年度の活動予定について話し合い。
1.禁煙講演などで活用するための資料集の作成
2.市・行政への働きかけ
3.禁煙講演会の実施
4.その他 禁煙外来施設の公表
  禁煙活動の集計

2018年4月6日金曜日

大阪 (マニマニ)

大阪 (マニマニ) 単行本 2016/3/10 単行本: 144ページ 出版社: ジェイティビィパブリッシング (2016/3/10)

マニマニというJTBガイドブック。地元のプロたちと真剣に「旅のテーマ」をセレクトしているとのこと。プロというのはJTB社員のことでしょうか? マスコミ関係者5名の好きなシーンというページがありますが、観光者がこの記事を参考に限られた時間を使うことはできないでしょう。
その土地で今人気のトピックスやローカルな生きた情報を厳選して掲載。今までのガイドブックにはないゆったりとしたビジュアル展開で、その土地の空気感を伝えるとのことですので、地元のなにわっ子のためか、通常の観光は卒業した旅行者向けでしょう。
・私の好きな5シーン(夜のユニバーサル・スタジオ・ジャパン、ニフレル、天満など) ・なにわっ子が集まる晩ご飯激戦区 カレーのページやスイーツのページなど眺めていると楽しいのですが、地元目線の編集であり、限られた時間での観光目的のガイドブックとしては使い勝手が悪い。目的地の近隣に何があるか探索するという視点からはほとんど使えませんでした。とは言え、付箋を貼りまくることで活用しました。

2018年4月3日火曜日

JRS cypos登録

3月2日、例年どおり、締め切りギリギリになって登録作業に追われています。

2018年4月1日日曜日

地域の勉強会の予定

4月27日(金)18時30分から 福島テルサ
第1回 福島救急画像診断研究会
特別講演 救急画像診断ここがポイント
聖マリアンナ医科大学 救急医学講座 講師 松本純一先生

5月18日(金)19時から 福島テルサ
首都圏消化器画像技術研究会 M☆GIT in ふくしま
タギング前処置について 山形県立中央病院 今野雅彦先生
大腸CTの使い方について 大原綜合病院/EMT東京 鈴木雅裕先生

5月24日(木)18時30分から 保健福祉センター
平成30年度 第1回 呼吸器疾患研究会 肺がん検診講習会
コニカミノルタから胸部単純写真についての情報提供
福島市より 検診実施に当たっての変更点
特別講演 読影についての注意点  森谷浩史 先生

6月1日(金)18時30分から こらっせ福島
第8回 南東北320列CT研究会 
特別講演「心臓CTに関する話題(仮題)」
北海道大学 放射線診断科 准教授 真鍋徳子先生
320列面検出器CTを用いた心臓造影CTの第一人者である真鍋先生に心臓CTの基礎から、「パーフュージョンCT」「包括的心臓CT」など最新の話題も含めて、お話しいただきます。心臓CT診断の知識をリフレッシュするチャンスですのでご期待下さい。
今回も終了後の情報交換会で一般演題の優秀賞表彰式を行います。
多数、ご応募ください。

6月2日(土)15時から 星綜合病院 メグレスホール
第31回 福島県臨床画像研究会
シンポジウム IQonスペクトラルCT
特別講演 縦隔腫瘍における画像診断の役割
名古屋市立大学 放射線科 講師 小澤良之 先生

6月4日(月)18時30分から 大原綜合病院 5階会議室
画像診断の会
レクチャー 新しい装置による臨床画像供覧
特別講演 超高精細CTの臨床応用 ~紹介症例の単純・造影CT所見~  森谷浩史 先生

6月14日(木)18時45分から 福島テルサ 
第10回 福島緩和医療連携カンファレンス 演題募集中です

7月14日(土)12時から(予定) 福島テルサ
東北胸部放射線研究会

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

○ ジャーナリズムの危機
 映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』は、原題のThe Postが示す通り、ワシントン・ポスト紙のジャーナリスト気質がテーマである。
 ダニエル・エルズバーグは米国防総省(ペンタゴン)のランド研究所で軍事アナリストをしていたが、1971年3月、約7千ページもの機密文書を持ち出し、内部告発した。ベトナム戦争での米国の軍事行動について、トルーマン、アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン政権時代の政府が国民に嘘の説明をしていたことを明らかにする文書である。エルズバーグは文書をニューヨーク・タイムズ紙に持ち込む。当時のニクソン政権は激怒し、「国家安全保障を脅かす」という理由で公表中止を求め、連邦裁は掲載中止の仮処分命令を出す。急遽、同文書を入手したワシントン・ポスト紙は、社内での激論の末、社主のキャサリン・グラハムが政府に真向から逆らい、報道する決断をした。その結果、全米の報道の自由の気運が盛り上がり、最高裁は掲載中止の命令を無効とした。報道を受け、ベトナム反戦運動も盛り上がった。
 スピルバーグの社会派映画は悪意なく、わかりやすく善良なストーリーが語られる。本作もその一つである。報道機関に対する国家の圧力は、ドラマや小説でちょくちょく耳にするフレーズであるが、この映画でも現実感に乏しい。山崎豊子『運命の人』は沖縄返還時の日米密約を題材にした小説である。1971年の沖縄返還協定に関する取材で入手した機密情報を記事にした新聞記者らが国家公務員法違反で有罪となるストーリーである。日米の国家は異なるが、まったく同時期の事件である。実際の事件に基づいて書かれている。ここでは、国家が見せしめのために、冷徹に個人を犠牲にするさまが描かれる。個人の秘匿を露呈し、人生の相当部分を奪う。国家が牙を剥いた時の怖さが描かれている。
 わが国では、国家権力に対するジャーナリズムの力(特に映画で描かれたような共通の理念を持つジャーナリズムの集団としての結束)が少ない。国家の暴走を止められずにいる現在の米国やわが国の状況は当時と比較してジャーナリズムの力が抑えられているのかもしれない。BS民放5局特別企画 池上彰の5夜連続BIG対談 笑いのスペシャリストビートたけしとの対談(3月21日(水) 夜8時から)では、「テレビは死んだのか?」というテーマで2時間の対談が放送された。テレビはスポンサーがお金を出す。お笑いでもそのスポンサー関連のマイナス部分のことを言えなくなる。縛りが強くなってきて、パイの投げ合いをやると下に(テロップで)「この後、スタッフでおいしくいただきました」って出るんですよ。と・・・。生放送では気を使う。録画の場合は編集でカットされる。そのような放送の規制に風穴を開けたのが、豊田議員の「このハゲ!」ですよね。公共の電波で堂々と流されたのは嬉しかった。普通、ぴーってかからないとおかしいでしょう。言っていいんだと・・・。現在のメディアの自己規制に対する皮肉・毒舌が(編集後ではあるが)随所に見られたが、たけしがメディアに登場したころのヤバい言葉が連発するコントが現在では放送禁止用語の連発になってしまっていると実感させられる。バラエティばかり見ているせいかもしれないが、ジャーナリスト気質を感じさせるTV番組は少ない。
 文書改竄問題を報道した朝日新聞に善良な気質を感じる。NHKスペシャル 未解決事件File.06 赤報隊事件 2018/01/27 は、1987年5月3日、朝日新聞阪神支局に目出し帽の男が進入し散弾銃を発砲し、記者2名が死傷した事件のルポルタージュである。その後、全国各地の朝日新聞関連施設を襲撃、爆破未遂、そして中曽根・竹下元首相への脅迫や、リクルート元会長宅への銃撃など事件は全国に拡大した。この事件は“暴力による言論抑圧”であると同時に、ジャーナリズムに対する不信である。直接、”権力に対するテロ"へつながって行った。

○ 政府の嘘
 堤 未果「政府は必ず嘘をつく 増補版」を改めて読みなおすと、「情報操作により国民の支配を行う」ということが国家権力の基本ということを実感する。多少の嘘は見破られるが、大々的な嘘はわかりにくい。志の高い善良な内部告発者とジャーナリズムが権力の目付役であろう。国家は国民を侮ることはできない。そして、われわれ国民一人一人が感じる「違和感」こそが重要なアンテナである。
 ペンタゴンペーパー事件の後、1972年6月17日、ワシントンのウォーターゲートビルで働く警備員が建物のドアに奇妙なテープが貼られていることに気付き、首都警察に通報した。5人組の男が民主党全国委員会本部オフィスへの不法侵入の罪で逮捕された。その裁判の中で感じるジャーナリストたちの違和感が「ウォーターゲート事件」へ繋がっていく。
 ペンタゴンペーパ事件の続きは映画「大統領の陰謀」で・・・。権力に戦いを挑む普通の人々が描かれている。また、内部告発側の視点で、「ザ・シークレットマン」が制作されている 。

2018年3月28日水曜日

観梅

五浦の岡本天心美術館、市場食道、水戸の偕楽園、常陸太田道の駅、袋田の滝と回ってきました。

2018年3月25日日曜日

うつくしま基金報告会

平成30年1月24日 平成28年度 公益信託うつくしま基金報告会において、特定非営利活動法人 福島画像診断支援センターの助成事業報告と今後の活動について、プレゼンしてまいりました。

2018年3月22日木曜日

新人歓迎会

3月9日 3月から入職した新人技師の歓迎会を行いました。古燈にて。

2018年3月20日火曜日

「タバコと健康」~これからの禁煙対策を考える~

第10回ふくしま市民フォーラム 開催されました。
「タバコと健康」~これからの禁煙対策を考える~

<開催日>平成30年3月17日(土) 午後1時30分~4時
<場所>福島テルサ FTホール 福島市上町4-25
<対象>市民、保健医療福祉関係者他
<基調講演>”COPD”忍び寄る怖い病気の正体
福島県立医科大学 呼吸器内科学講座 教授 柴田 陽光 先生
<シンポジウム>
「心筋梗塞とタバコ」 福島県立医科大学 循環器内科准教授 中里和彦 先生
「加熱式タバコは安全なの?」 福島県立医科大学 法医学講座 講師 西形 里絵 先生
「禁煙対策 福島市の取組」 福島市 加藤孝一 健康福祉部長